ボディケア

ウィルス対策に!痛くない鼻うがいでスッキリ爽快

コロナ対策として、マスク・手洗い・うがいは当たり前になってきました。

家に帰ったら、できるだけウィルスを持ち込まないように対策はしたいものです。

そこで、痛そうと避けていた「鼻うがい」に挑戦することにしました!実際に2商品試してみたレポートをします。

乾燥や花粉の時期の風邪対策にもバッチリの鼻うがいに挑戦してみましょう。

鼻うがいとは?

「鼻うがい」とは鼻の穴から水や専用の洗浄液を入れて洗い流すことを言います。

鼻洗浄とも呼ばれています。

鼻で呼吸をしているため、雑菌、ハウスダスト、ほこり、花粉などさまざまなものが鼻の中には入ってきてしまいます。

うがいではのどの奥だけが洗える状態ですが、鼻と喉は繋がっているため、鼻うがいをすることで鼻の中もしっかり洗浄できます。

ちさ
ちさ
鼻づまりに悩んでいるときもおすすめです。

洗浄液は生理食塩水となっており、体の体液を同じ成分となっているため、痛くならないようにできています。安心ですね。

鼻うがいは痛い?

プールなどで鼻み水が入って痛かった経験をした人も多いと思います。私も何度も経験しました。

私が受験生の頃(15年以上前)、鼻うがいに挑戦してみました。結果、つーんと痛く、涙も出てきました。それから恐怖で一度も鼻うがいを行ったことはありません。

しかしCM効果やコロナウィルスが流行ったことで、うがいだけでなく、鼻うがいも行ってみたくなったのです。

ちさ
ちさ
試してみた結果、商品はかなり改善されており、全く痛くありませんでした!

こんなにスムーズならもっと早くやっておけばよかったと思いました。

鼻うがいのやり方

鼻うがいのやり方
  1. 専用ボトルに洗浄液を入れる
  2. 下を向いて鼻の片側にボトルの先を入れる
  3. ボトルをぎゅっとつまむ
  4. 反対側の鼻の穴から洗浄液が出てくる

写真はわかりやすいように正面を向いています。

洗浄液は鼻だけでなく、口から出てくることもあるので、そのまま吐きましょう。

あーっと声を出しながら行うとやりやすいです。呼吸は口で行います。

購入してみた鼻うがいアイテム

鼻うがい初心者ということで、若干の心配はありましたが、初めてでもかんたんにできそうな2商品を購入してみました。アマゾンでもどちらもクチコミ評価が高いアイテムです。

おすすめ商品①ハナノアb シャワータイプ

初めての方におすすめアイテム1つめは「ハナノア b」です。

ハナノアは専用洗浄液とシャワーボトルがセットになっており、専用液をボトルに入れればとっても簡単に鼻うがいをすることができます。

しかもミント成分が入っているため、奥までしっかりと洗浄できた爽快感があります。

鼻がとおった感はしばらく続くので呼吸もしやすく感じました。

また、ハナノアにはもう1種類あり「ハナノア a」という商品があります。

ハナノアaとbの違い
  • ハナノアa  口から洗浄液を出すタイプ(少し上級者向き・しっかり洗浄)
  • ハナノアb  鼻の穴から洗浄液を出すタイプ(初心者向き)

慣れてきたら口から出すタイプにも挑戦したいと思います。商品を間違わないように注意をしましょう。

おすすめ商品②サイナス・リンス

続いて紹介するのは「サイナス・リンス」です。こちらは粉をボトルに入れて36℃のぬるま湯を振り混ぜて使います。

こちらの商品は、「塩分(約96%の塩化ナトリウム)」と「重曹(約4%の重炭酸ナトリウム)」が配合されていることが特徴です。

36℃ってどのくらい?と温度計を持っていないので少し不安になりましたが、給湯器で温度設定をすれば簡単でした。

もしくは容器はレンジ使用OKなので600Wで1分加熱すれば同じ温度になるそうです。

ちさ
ちさ
温度も体温とほぼ同じくらいなので、全く不快感もなくあっという間に終わりました。

初めてのときは水が入ってきた感覚で驚きましたが、続けていると全く痛くないので驚きます。

ちなみに海外の水だと一度煮沸した方が良いそうですが、日本の水は安全なのでそのまま水を使ってOKだそうです。できれば煮沸した水の方が安心ですが、面倒なのでそのまま使っています。(同じ意見の方も多くいました)

created by Rinker
サイナスリンス(Sinus Rinse)
¥1,000
(2021/12/06 13:29:20時点 Amazon調べ-詳細)

2商品の比較

ハナノアとサイナス・リンスを使ってみて、それぞれのメリット・デメリットを挙げていきます。個人的にはハナノアの方がぬるま湯を用意しなくても良い点で好みです。

ハナノアについて

  • ハナノア・メリット
    • 洗浄液を入れるだけなので簡単
    • 鼻に入れる先端がフィットするので洗浄液が漏れにくい
  • ハナノア・デメリット
    • コスパが悪い(1ボトル300mlで6回分)
    • 冬だと洗浄液も冷たいので冷えるときがある

サイナス・リンスについて

  • サイナスリンス・メリット
    • 1回の量が大容量で洗えるのでコスパが良い
    • 体温と同じ温度で洗えるので不快感がない
  • サイナスリンス・デメリット
    • ぬるま湯を用意するのが面倒
    • 鼻に入れる先端が人によってはフィットしにくい
created by Rinker
サイナスリンス(Sinus Rinse)
¥1,000
(2021/12/06 13:29:20時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがでしたか。何年振りかに鼻うがいをしてみて、鼻通りがとてもよくなった気がします。帰宅の際はうがいにプラスして鼻うがいが欠かせなくなりました。

ちさ
ちさ
どちらの商品も共通して言えることは「痛くない」ということです。

初めて行う時は本当に痛くないの?とドキドキしますが、やってみるととっても簡単です。

ぜひ風邪や花粉症対策に鼻うがいを実践してみてくださいね。