ニキビケア

ニキビというと年齢を問わず悩むことが多いですよね。

ついつい早く治したくて自分で潰してしまったという方も多いのではないでしょうか。また、年齢によってできるニキビの場所や種類も異なります。

ニキビケアとして人気が高いおすすめの化粧水などのスキンケアアイテムについて紹介します。

・年代によってニキビの種類が違うのか知りたい(思春期ニキビ、大人ニキビ)

実は年代によってニキビができる場所が異なることを知っていましたか。

10代〜20代前半のような「思春期ニキビ」は、顔の上部などおでこやTゾーンを中心にできやすいと言われています。過剰な皮脂分泌による毛穴つまりが原因で、赤みを持ったものが多いことが特徴です。

反対に20代後半以降の「大人ニキビ」は、顔の下半分のほほや口周りなどのUゾーンにできやすいと言われています。これは生理不順(ホルモンバランスの乱れ)、冷え、ターンオーバーの乱れなどが原因です。

年齢によってできる場所や原因も異なるため、正しい方法でケアをしていくことが大切です。

・ニキビやニキビ跡に対するスキンケア商品を用いた正しい予防・ケアの方法(接種タイミングや摂取方法等)を知りたい

ニキビができてしまった場合、まずはスキンケアを見直すことが大切です。

油分が多いアイテムを使うとニキビが悪化してしまうこともあります。購入時にわかりやすい表記としては、肌タイプ別にわかれたものが良いでしょう。乾燥肌・混合肌・脂性肌用・さっぱり・しっとりなどと記載された製品もあります。

毎日ニキビケア用品を使うのではなく、その時にあった肌状態をみてスキンケア状態を変える方法もあります。女性はホルモンサイクルによって肌状態が異なることも多いです。生理前にニキビが増えてしまったという経験はありませんか。

肌状態を見極めると、乾燥しがちなのでしっかりと保湿中心しようとか、べたつきが気になるので、拭き取り化粧水を追加するなど、肌変化に対応することができます。

保湿タイプ・ニキビケアタイプなど2種類以上のスキンケアに分けて置いておくと便利です。

有効成分を見極める(美容液、洗顔、化粧水、ファンデーションそれぞれ)

化粧水はさっぱりとしたものや収れん作用のあるもの、ニキビ対策がされているものがおすすめです。

化粧品にはパッケージや外箱の裏を見ると成分が記載されています。この成分は成分配合が多いもの順に並んでいます。カタカナが多く並んでいるため、初めて見る場合は全てを読み解くのは難しいでしょう。

しかし薬用化粧水などの医薬部外品の場合は有効成分が別途記載で大きく表示することができるので初めての方でもどんな有効成分が含まれているかが一目瞭然です。

グリチルリチン酸2K・アラントイン・ハトムギエキスなどがニキビケアの代表成分として挙げられるのでチェックポイントとしてみておくと良いでしょう。

ただし、有効成分が別記されているからといって配合量が多いという訳ではありませんので、注意が必要です。

ニキビ中のメイクについて

また、ファンデーションなどのベースメイクなどニキビができているときは控えたいです。

しかし、どうしてもニキビを隠したいという場合は、ノンコメドジェニック処方というニキビができにくい処方の化粧品もあります。

コンシーラーなど油分の多いものではなく、パウダリータイプでさっとカバーすると良いでしょう。

・デパコスのニキビ・ニキビ跡のスキンケア商品の特徴やメリットを知りたい(プチプラとの比較等)

デパートコスメ(デパコス)とプチプラコスメとの一番の違いは、スキンケアアドバイザーの意見が直接もらえる、肌診断ができるということではないでしょうか。

何人もの肌悩みを毎日のように相談を聞いているアドバイザー(BA)さんは、的確なアドバイスをもらえることでしょう。

さらに各ブランドの商品についても詳しく熟知しているので、ニキビに悩みに特化した商品を紹介してもらえるはずです。

また、ブランドによって異なりますが、肌診断マシンが置いてあることもあり、皮脂分泌量や乾燥肌などグラフで表示してくれるパターンもあります。

その場合、自分が皮脂によるニキビが原因なのか、乾燥によるニキビが原因か今後のスキンケアを選ぶ判断の基準にもなります。肌診断マシンによって結果を教えてもらえることも。

・プチプラニキビケアコスメ

ドラッグストアやバラエティショップで購入できるリーズナブルなニキビ・ニキビ跡のスキンケアアイテムを紹介します。

第1位 オードムーゲ 薬用ローション

医薬部外品のオードムーゲローションはニキビケアにおすすめです。通常の化粧水のように塗布するタイプではなく、拭き取り化粧水になっています。肌の余分な皮脂や汚れをしっかりと取り除いてくれます。

コットンに染み込ませ、洗顔後拭き取ります。少ししみることもありますが、継続することはないので安心ください。

配合されている有効成分として、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールや抗炎症成分であるグリチルリチン酸ニカリウムが配合されています。

第2位 オルビス ニキビケアシリーズ 化粧水

繰り返すニキビケアにおすすめなのがオルビスのニキビケアシリーズです。

オイルカットでニキビができいくいノンコメドジェニック処方に加え、必要な水分は逃さない浸透方コラーゲン配合で高保湿です。しっかりニキビケアができるのに、しっとり感が持続します。

さらに、和漢エキス配合で、肌のバリア機能をキープし、つるつる感を実感できる「紫根エキス」や肌ダメージケアと保湿力を併せもつ「ハトムギエキス」が配合されています。

第3位 キュレル 皮脂トラブルケアシリーズ 化粧水

皮脂でべたつきが気になるのに、肌が乾燥もするといった、混合肌で同じ場所に繰り返しニキビができてしまうという方におすすめなのがキュレルの皮脂トラブルケアシリーズです。

「セラミド」という水分をしっかりとキャッチしてくれる高保湿スキンケア成分と肌荒れ防止の「アラントイン」が配合されています。

セラミドが配合されたスキンケアアイテムは比較的高価と言われているため、プチプラで手に入るのはお得に感じてしまいます。

・デパコスのニキビ・ニキビ跡のスキンケア商品の選び方を知りたい・デパコスのニキビ・ニキビ跡のスキンケア商品の代表的なブランドを知りたい(キールズは必須)

ちょっとお値段はプチプラコスメと比べると張るけれど、ニキビケアとして人気が高いデパコスを紹介します。

第1位 キールズ DS アクネ スポット トリートメント

突然できてしまったニキビを集中的にケアしたいという時におすすめなのが、キールズのスポットトリートメント。ピンポイントでニキビに直接塗るタイプのクリームです。

大人ニキビ、繰り返すニキビ、炎症ニキビなど様々なタイプのニキビでも使用可能です。顔全体のスキンケアアイテムとして使うのではなく、気になるニキビだけに使えるのも嬉しいポイントです。

チューブ型になっていて、少量ずつ使えるのでコスパもよく、清潔に最後まで使うことができます。

第2位 アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル

アルビオンのスキンコンディショナー(通称:スキコン)は、1974年から発売のロングセラー人気商品です。

肌荒れを防ぐ「ハトムギエキス」が配合されており、生産地のこだわりやオーガニック製法、抽出も他とは違った配合成分に特徴があります。

薬用化粧水(医薬部外品)で、べたつきがないのにしっとりもちもち肌になります。通年を通して使用できるので、デパコスで迷ったらこれを選べば間違いなしです。

第3位 アクセーヌ シーバムシリーズ

乾燥からできる大人ニキビ対策にぴったりなのが、アクセーヌ シーバムクリーン アップです。修復作用のあるアラントインと血行促進を促すビタミンE誘導体の2つの有効成分が配合されています。

アルコールフリー、ノンコメドジェニック処方がされているため、敏感肌の方にもぴったりです。化粧水と合わせて使える洗顔料や保湿液もあります。